腕時計どちらが人気?アナログVSデジタル

アナログは視覚的に時間を把握

急いでいるときなど時計を見るでしょう。アナログ時計は、1から12までの数字が円状に配置されていて、長針、短針、秒針などが動いています。長針は何分かを把握し、短針は何時か、秒針は何秒かを把握します。人によって時間に対する感覚は異なりますが、アナログだと時間を視覚的に把握しやすいメリットがあります。何時台かはある程度はわかりますが、何分かを正確に見るのは少し難しいです。秒も同じです。ただ、30分までに行かないといけないときに、長針が4の辺りにあれば後10分以内に行かなくてはいけないと判断できます。日常生活において、細かく時間を把握しないといけないのは意外に少ないです。アナログの方が感覚として合う人もも多いかもしれません。

正確な今の時間を把握できる

鉄道の時刻表を見ると、きれいに10分ごとに発着するものもありますが、11分や23分など中途半端に発着するものもあります。11分に発車するものに乗ろうとするなら、今の時間を正確に把握しておく必要があるでしょう。何となくしか把握していないと、誤差が生じれば乗り遅れる可能性があります。正確に今の時間を把握したいときは、デジタル時計を利用する方が良いと言えます。何時か、何分か、何秒かを数字で表示してくれます。感覚ではないので、目的の時間までとの差を数字で把握できます。30分までに行かないといけないとき、21分50秒とあれば後8分10秒あると認識できます。このまま普通に歩けば問題ないか、走らないといけないかなどの判断がしやすくなります。