腕時計はどちらの手につける?右?左?

右利きは左につけるのが普通!

スマートフォンなどが普及した現代でも、腕時計はビジネスマナーの一つやファッションとしてつける方はまだまだたくさんいます。そんな中で腕時計に対して興味があるという方も多いと思いますが、腕時計は左右のどちらの手につけるのが正しいかご存知でしょうか。腕時計は左の手につける場合が一般的で、理由の一つとして右利きの人が多いため字などを書くときに腕時計が邪魔にならないようにするという目的があります。左利きの方でも周りに合わせて左につける方もいますし、右につける方というのもいるのです。つまり自分の利き手によって腕時計をつける手は変わってきて、多くの場合は右利きが多いので左手につける場合が多いというわけになります。

あえて右につけてみる!

世の中に右利きの方が多いので左に腕時計をつけることが多いですが、あえて右につけてみるのも良いでしょう。腕時計を右につける方は多くが左利きの方なので、腕時計を右につけていると相手から左利きですかと聞かれることもあります。これをビジネスに活用すると、例えば初対面の方と話すときに右に腕時計をしておけば左利きですかと相手が聞いてくれる場合があり、話しかけてもらえるように右につけていると説明すれば相手との距離が縮まるかもしれません。ビジネスでこのようなことができれば、相手に自分自身を印象付けることも可能でしょう。たかが腕時計をどちらにつけるかということだけですが、自分自身にあった腕時計のつけ方をすることが一番重要です。